10月2週目 ご来店ありがとうございました


2週目の営業日から表玄関に秋のリースを飾りました。
イガ栗、カラスウリ、にんにく、ポップコーン用とうもろこし、いざという時には非常食になりそうな我が母上手製のリースです。
こちらを飾ったおかげか、特に土曜日にはたくさんのお客様がご来店くださり、ビスケットもすべて完売いたしました。
駅から15分という不便な場所にあるにもかかわらず、お越しくださり誠にありがとうございます。本当に嬉しいです。

オープンよりお客様からいくつかご質問をいただきましたので、
こちらで回答させていただきます。

Q、一体何屋なの?
A、自宅で過ごすティータイムをコンセプトに、
美味しい紅茶とティータイムに合う焼菓子の販売を行っています。
スコーン、ビスケット、ヴィクトリアサンドイッチケーキなどイギリス菓子や、
季節の食材を使った焼菓子を作っています。

Q、カフェじゃないの?イートインできないの?
A、申し訳ございません、お持ち帰りのみでイートインスペースはございません。
店名にTeaと書いてあるので、紅茶を飲める場所だとご来店くださった皆様には
ご期待に添えず本当に申し訳ございません。
ティータイム用の店、紅茶と菓子の店という意味でTea+Cakesという店名をつけたばかりに誤解を生んでしまいました。

Q、2階があるみたいだけど・・・
A、2階は今後、ご要望いただいているお菓子教室や紅茶の淹れ方やアレンジなど実践的な紅茶教室などに使っていきたいと思っています。
また、イートインスペースとして開放もしたいとも考えていますが、保健所の許可の関係でなかなかすぐには難しい状況となっています。
できたら良いなと思っていますが、改装するにしても早くて来年の夏以降、もっと先になるかもしれません^^; ご要望に添えず、申し訳ございません。

Q、どこで作っているの?
A、販売スペース奥に厨房があり、そこで製造からパッケージまで行っています。
もちろん保健所許可済みです。
家の台所で作って並べたりなど闇営業はしておりませんのでご安心ください^^

Q、以前どこかでやっていたのですか?
A、初出店です。
簡単に私の経歴を申し上げますと、
将来ティールームを開くんだい!と夢を抱いて製菓学校に入学、卒業後個人経営のケーキ屋へ、その後カフェ、ティールーム、パン屋を経て、石橋を叩いて叩き割る性格の私は本場の味を知らねば店を出せないと思い、ワーキングホリデーvisaを取得しずっと憧れだったイギリスへ、現地のティールームで働いたり、アフタヌーンティー教室のお手伝いをしたり、郷土菓子を食べ歩いたり、英国紅茶と英国菓子を学び帰国しました。帰国後は日本紅茶協会ジュニアティーインストラクターを取得しています。
そして今、私が見て食べてきたイギリスの本場の味、伝統を大切にし、我々日本人が食べやすい甘さや食感に少しだけアレンジしてお菓子作りをしています。
ティールームを開くんだい!という夢でしたが、現在は自宅でゆっくりとティータイムを過ごしてほしいという想いから菓子と紅茶の持ち帰り店をやっています。

Q、なぜ、西船橋に!?
A、船橋の農家に生まれ、船橋の食材を使った菓子作りをしたい、船橋の皆様に美味しい菓子と素敵なティータイムをお届けしたい!という想いがあり、地元で店を開く!と決意しました。

Q、営業日少ないけど、他の日は何しているの?
主に仕込みをしています。
冷凍もできるバターケーキですが、事前にたくさん焼いて冷凍して、解凍して販売はしたくないですし、日持ちのするビスケットもその週売れるであろう数だけ作り、できる限り新鮮で美味しいものをお届けしたいと思っています。
また、今後ネット販売も予定しており、その製造発送などにあてたいと考えています。
営業日、営業時間に関しましてはやっていくうちに変更があるかもしれません。
今現在17時閉店としておりますが、18時まで延長しようかなと考えています。

今現在よくいただいている質問の回答でした。
ここまでお読みくださりありがとうございます。

また、一人で製造販売を行っておりますので、オープンしているのに店頭に誰もいないという状況があるかと思います。
できる限り店頭にいるようにしていますが、奥の厨房で洗い物などしていたりするので、店に人が見当たらなくてもどうぞお気軽に店内にお入りください!すぐさま厨房より駆けつけます!
こんな感じのお店ですが、皆様がティータイムで幸せなひとときを過ごしていただけるように努めてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。